立ちんぼとは

立ちんぼとは、性的サービスを売り、その対価として金銭を得る者を指す、いわゆる売春婦や娼婦と呼ばれる者の中でも、街頭に立って客を取る者のことを指します。もうずいぶんと長く淫売などと侮蔑の対象となってきましたが、人類的にみると聖職とされていた歴史もあります。それは宗教的な意味合いもありますが、売春婦は自分の身を売るという非常に原始的な商売であることに裏付けされた、人類最古の職業としての尊敬を集めていたという側面もあります。

立ちんぼというのは、売春婦が街頭に立って客を取ります。つまり媒介がないのが最大の特徴であり、そのため、ある程度の自由が効きます。客側にとってのメリットはなんといっても金銭面です。売春によっては値段の交渉に応じてもらえるということです。今はホテルなどのちゃんとした設備のある場所オンリーな売春婦が多いようですし、昔の話でも、立ちんぼ側であらかじめ決めた特定の場所へと連れ込むこともあったようですが、昔のこととなると場所に関しての自由度も高かったということで、トータルのコストを抑えることもできたということです。客側のメリットが大きいということが、このスタイルの風俗が長続きした理由かもしれません。

また、売春婦側にとってもメリットはあります。店舗型風俗と違う最大の特徴は、ある程度は客を選べるということにあります。容姿や態度がイヤな客は値段を釣り上げ譲らず、追い返すことも出来たということです。売る側のメリットも長続きの理由でしょうか。

〇PICK-UP
風営法で許可された風俗のみを厳選して掲載している情報サイトです ⇒ 風俗情報サイト

Copyright © 2014 立ちんぼ All Rights Reserved.